小児歯科|愛媛県四国中央市で歯医者をお探しなら一般歯科・歯周病・入れ歯・小児歯科・インプラント・矯正歯科の治療ができる長井歯科医院にお任せ下さい。

愛媛県四国中央市で歯医者をお探しなら 長井歯科医院

0896745138

アクセス

診療時間 平日09:00~12:00 / 14:00~19:00
     土曜09:00~12:00 / 13:00~16:00
休診日 日曜、祝日(木曜は午後休診)

小児歯科

小児歯科について

小児歯科について

子供が怖がらない歯科医院を目指して

歯科治療は大人でも緊張したり、怖かったりするものです。 子供はそれ以上に恐怖に対して敏感です。1度嫌な思いをすると、そのイメージはなかなか払拭できません。当院では、子供が歯科医院にいくことが嫌いにならないように、ひとつずつ診療を進めていくことを大切にしています。保護者の方にも、安心していただけるようきちんと説明させていただき、その子に合ったステップで治療を行います。

乳歯の大切さ

乳歯の大切さ

乳歯は0歳~3歳前後まで生えている仮の歯のようなものです。
そのため、永久歯に生え変わるまでは虫歯になっても大丈夫と思っていませんか?
乳歯の虫歯を放っておくと、将来永久歯に生え変わった時に歯並びが悪くなったり、虫歯になりやすい歯になる恐れがあります。

そのため、乳歯の歯だからといって安心せず、お子様の歯を一緒に守っていきましょう。

乳歯の役割

①噛むこと

噛むことは脳の発達に役立つと言われ、小さいお子様には必要不可欠と言われています。

②発音

健康な歯であれば、活舌が悪くなることもなく綺麗な発音が可能になります。

③将来の永久歯による影響

乳歯から永久歯に生え変わる時期に、乳歯の生え方、状態を基に生えてきます。
そのため、乳歯が虫歯で問題がある場合は歯並びが悪くなったり、永久歯も虫歯になりやすかったりします。

無痛への取り組み

歯医者は子供にとって行きたくない場所だと思います。
そのため、治療を受けるお子様に今からどんな治療を行うのかをわかりやすく説明し進めていきます。
また、お子様が泣いたりしないように極力痛みのない治療を心がけています。

小児歯科の診療の流れ

1、まずは診療室に入ってもらって慣れることから

1、まずは診療室に入ってもらって慣れることから

初めて歯科医院に来られるお子様には、まず診察室に入ってもらうところから始まります。医院はお子様からすると何もかもが初めての光景で怖い印象です。まずは診察室になれること、これが治療の第一歩です。

2、診療器具に慣れてもらいます。エアー→水→バキュームの流れを体験していただきます。

2、診療器具に慣れてもらいます。エアー→水→バキュームの流れを体験していただきます。

診察室に慣れることができたら、次は本格的に診療機器を使用していきます。まずはエアーを使用しお子様になれていただきます。エアーになれたらその次へ・・・と段階をふんでいきます。ですが、お子様が怖がった場合は次回へ持ち越しです。

3、前回怖がってしまったところから再度診療を開始します。

3、前回怖がってしまったところから再度診療を開始します。

前回診療を怖がってしまったところから、再度診療を開始します。慣れていくことが目的なので一つずつしっかりと克服できるようにしていきます。

4、すべてを怖がらせずにこなせるようになったら本格的な治療開始です。

4、すべてを怖がらせずにこなせるようになったら本格的な治療開始です。

お子様から不安を払拭できましたら、本格的な治療を開始します。

愛媛県四国中央市で歯医者をお探しなら 長井歯科医院

歯のことなら長井歯科医院にお任せ下さい。

愛媛県四国中央市土居町入野673
※JR予讃線伊予土居駅から徒歩5分
/ 駐車場7台完備